FC2ブログ

コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

バトスピチャンピオンシップ日本一決定!

東京おもちゃショーでバトスピCSの日本一決定戦が行われ、一部観戦させてもらいました。

選手待機ゾーンの方々の緊張感たるや想像を絶する…。

聞いたところによると、選手の皆さんの主流はやはり青。次いで白、赤。一部の方が緑、紫を使用されていたとか。
個人的には環境をはねのけて紫に頑張って欲しかったけど、やはり大勢を覆すことはできなかったようで、決勝戦はマスター、スタンダード共に青のミラーマッチでした。

マスターの方は、共に転召の祭壇を張ってから次手探り。
双方、手札を入れ替えながら、アレクを召還。
互いに2点ずつ削ったところから勝負は一気に加速する。
仙台チャンピオンが相手のアレクにソンプリを飛ばし、それを福岡チャンピオンが魔法監視塔でキャンセル。それでもバインディングソーンでアレクを疲労させターンエンド。
勝負を決めたい仙台チャンピオンは、続くターンに2体目のアレクとファルコニアを召還。ソンプリを警戒しての3体陣形だ。1体目のアレクのアタックでやはりソンプリが飛んでくる。アタック済みのアレクとファルコニアを疲労させ、元気なアレクを残す。このアレクの強襲で残りライフを削りきるかと思いきや、福岡チャンピオンからもバインディングソーンが続けざまに飛び、最後のアレクも疲労することに。
この返しのターンで、アレクとマッハジーを並べた福岡チャンピオンが、仙台チャンピオンのライフを削りきることに。

強襲タッチ緑のデッキタイプだけでなく、手札もほぼミラー状態だったマスター決勝戦。
結局、先に仕掛けた仙台チャンピオンが、同内容のカウンターを受け敗北することに。
先に仕掛けたのが逆だったら、結果も変わっていたかもしれない。

スタンダードクラスの日本一決定戦は途中から見たのだが、やはりこちらも強襲ガンディのミラーマッチだった。

まぁ、青強襲の強さを裏付ける現環境の象徴とも言うべき決定戦だったわけで、興奮はしつつも、一方でやるせなさも感じた。

チャンピオンシップ長かったなぁ…。
各地区のチャンピオンはもとより、スタッフの皆さんも大変お疲れさまでした。
また素晴らしい戦いを見せて下さい。


スポンサーサイト



バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

超星新カード公開 3回目

超星の先行公開3回目が公式サイトで公開された。
紫使いには結構朗報!

続きから思うことなんぞ。


続きを読む
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |