コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サイバーワン デッキ

最近よくやっているサイバーワン(自動的にバトルが進んでいるだけだけど)。
1枚単価が高い分、投資に限界があり、なかなか良カードが集まらない。そもそもカード運が良くないのでレンタルカードでも微妙な引き。

そうした中でも限られたカードプール内でデッキを鋭意模索中。


サイバーワンのバトルの中で絶対に避けたいのが、多勢に無勢という状況。
特にクリーチャーダメージスキル持ちが多数並ぶ中では、大型クリーチャーでも生存することすら難しい。
逆にそういう状況に持ち込めばかなり有利に立てるということ。
1デッキ戦であればなおさら。

じゃあ、どうするか。

サイバーワンのクリーチャー召喚の流れは、自分のターンに1体ずつローディングゾーンにカードが配置され、各カードが持つLT分ターンの経過を待って召喚される。
だから、全てが同じLTだった場合は1体ずつしかフィールドに召喚されないということになる。

こうなると、相手の方にクリーチャーダメージスキル持ちが多数いた場合、あっという間にタコ殴りにされてしまう。

理想は3体同時召喚。

そのためには、ローディングの誤差を合わせる編成が必要となる。
1デッキ戦の場合、中コスト帯のLT4を中心にして、

LT5×3
LT4×4
LT3×3

あたりが基本の構成かと。

初手で3体召喚できる可能性は5%。2体召喚なら27%になる。
これをベースに特定の強カードをどう突っ込むかでバランスを考えていく。

また、できれば半数以上はクリーチャーダメージスキル持ちにしておきたい。
こちらが多勢になった場合、相手クリーチャーを畳み掛けるためには必要な能力。

こう考えると、やっぱり、クイックで早出しができて、クリーチャーダメージスキルが豊富なコスモスって強いよなぁ…。

DC陣営の憂鬱……。
スポンサーサイト
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

鉄の覇王サイゴードゴレム

11/20のアニメ感想。
いよいよ出てきた次弾の新スピリットたち。
しかもアニメ新シリーズになってから一切露出のなかった青がようやく登場。

サイゴードゴレムは、アタック時効果でデッキを削るタイプだね。
超覚醒、重装甲、呪滅撃に続く注目の新キーワード効果「大粉砕」。アタック時にLv×5枚のカードをデッキから破棄させ、その中にバースト持ちがあれば相手スピリットを1体破壊。
デッキ破壊と除去を同時にこなす豪快なやつですたい!

今までのデッキ破壊スピリットたちと比較されることになると思うけど、サイゴードゴレムの長所としては、

1、アタック時効果のため青玉に引っ掛からず繰返し効果を発揮できる。
2、ネクサスや他スピリット等の事前準備が必要ない。
3、除去効果により相手の戦線を崩せる。
4、バースト効果により早期に召喚可能。

青玉をすり抜けられる分、相手にフラッシュタイミングを与えてしまうことが欠点か。さすがに1回のアタックでは削りきれないだろうし…。

2については、ネクサスやコンボの準備をしないで済む点では十分優秀だが、最大値を出すにはコアが8個も必要。
アニメに登場した爆砕轟神掌を使ってレベルアップと回復を図るのがやはり常套になるのだろう。

何となくガルードと似た立ち位置のような。

最大の利点は、バースト効果により、先攻をとって2ターン目で召喚することなんだろうな。
これによって3ターン目からデッキを削りはじめることが可能。
バーストが召喚時効果発揮トリガーなので、相手のメインステップ中に対処されると辛いが、序盤であれば相手にも十分な対処法はないはず。
早いターンで召喚しつつ、相手スピリットを除去することで反撃の芽を摘みながら、2~3アタックで削りきることが理想。

コアブーストと回復が必要なことから緑と組ませるのもアリあと。

パッと見カッコいいけど、よく見ると顔が田舎者的なディテールなんだよね。

次回はいよいよ登場の黄。
それがペンタンとは…。
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

コアスティール

最近のお気に入りマジックの一つ。

コアスティール
マジック 4(2)/紫
フラッシュ: 相手のスピリット1体の上のコアを、1個だけになるように相手のリザーブに置く。

バースト環境になってから手札消費が加速したため、ダンスマカブルが使いづらくなった。

また、ヤマトやマ・グーなど、大量にコアを乗せるスピリットがよく見られるようになったため、1枚でコアを大量に除去できるコアスティールが刺さる場面が増えたのだ。

当然、コアが0になるわけではないので過信は禁物だが、追い討ちで残りの1個を外す手段なら逆にいくらでもある。
特にカオティック・セイメイによって、自分のスピリットが全てマインドラゴラLv2の上位効果を持つことになったので、トドメの1個を外しやすくなった。

1、相手のスピリットがアタック
2、自分の用済みスピリットでブロック
3、コアスティールにより相手のキースピリットのコアを1個に
4、自スピリットが破壊されたことにより、セイメイバースト発動、相手キースピリットの最後のコア1個をトラッシュに

また、シュタインボルグとの相性も良。
環境的に装甲:紫の出番が減ったため、コア外しに対しては多目にコアを乗せる傾向となった中、シュタインボルグLv2状態でコアスティールすることによりコアを一気にトラッシュ送りにできる場面が生まれやすい。
ヤマトLv4やマ・グーによるコア回収直後なんかはいいカモになりえる。
相手のコアが枯渇すれば攻めやすくもなる。

魔影+六分儀天文台も同様の効果を得られるので、久々にコア外し真骨頂といった感じ。

まぁ、それでも大分ニッチなスタイルだろうけど…。
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

サイバーワン

最近バトスピ以外でハマっているカード、サイバーワン。
バンダイから先月発売されたネットカードダスだ。

内容と雑感は続きから。
続きを読む
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11/14アニメ感想

久々にアニメの感想でも。

覇王編になってから、すごく見やすいアニメになったなぁ。
うちの息子たちも毎週楽しみにしてる。
主人公・ハジメと視聴者である子供たちのベクトルがすごくマッチしてるんだと思う。

特に今回のアニメは、いよいよ初対決となったテガマルとのバトル。
待ちに待ったバトルだけに、見る側の息子たちも緊張な面持ち。
どっちが勝つんだ!?と見る前から興奮気味。

まぁ、順当に行けばアニメの演出的にもテガマルの勝ちってことは大人には読めるけど・・・。

そういえば、覇王編になってからバトルの前後編ってないよね。
必ず一話完結でバトルが終了している。
そういう意味でも見やすいアニメになったと言える。

タイトルにもなった爆裂十紋刃のやりとりは実際のバトルでもありえるシチュエーション。
相手の行動を読んでどんなバーストを張るかってスゴイ重要。
今回のハジメのように読み違いで勝敗を分けることなんてザラだよね。

それにしても、今回のバトルの棋譜は見事!
ハジメにバーストを悩ませ、スピリットを愛するが故に爆裂十紋刃を張り、それを読み勝ったテガマルのキンタローグ二重召喚。テガマルの手札がどうだったかはともかく、覇王爆炎撃を張っていたならハジメに勝利のチャンスがあったという状況作り。
とても高度でありながら、すごくわかりやすいシチュエーションだったと思う。

スタッフの愛とこだわりを感じたね。

息子たちもテガマルの采配に感動してた。

次回はいよいよ次弾からの新スピリット登場!
サイゴード・ゴレムの大粉砕やいかに!!!

そろそろ新情報も出始める頃か。







バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

覇皇予想

覇皇スピリットと言えば、おとぎ話の主人公や歴史上の英雄なんかがモチーフ。
今シリーズで続々と登場しているが、今後の登場覇皇を大胆予想!(星座編でも似たようなことやったなぁ・・・)

続きから。


続きを読む
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。