コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

良いのか悪いのか

属性開眼デッキ・アメジストを加え、無魔でまとめたデッキが完成。
勝ち筋に悩んだ結果、連鎖をうまく機能させるつつ、デスリオン+シユウを組み込んだタイプにしてみた。

とりあえず、このデッキの評価をしたかったので、職場のバトスピ愛好会ルーキーのN井に手合わせを願ってみた。

N井のデッキは、バァラル搭載型の妖蛇デッキ。お互い紫のミラーマッチ!


1戦目
手札が悪い…。そんなにマジック多くないはずなのにマジック来すぎ。初手で絶甲2枚もいらないっちゅーの!
N井は大蛇の城門から、バイパイソン、ドラゴナーガと着々とスピリットを展開し、アグラ、バァラルが揃ったころにはこちらの心はほぼ折れてました…。
いいとこなく敗北。

2戦目
もやもやしたままテキトーなシャッフルをしたため、手札がさっきとほぼ一緒。ドローもまんまやんけ!
何とかしないとまた同じパターンなため、早めにシユウを出してデッキトップをごっそり落とす。これが功を奏してドローが何とか人並みに。
N井のヤマトを踏んだときは一瞬焦ったものの、シャドウ・メイデンの合体アタックで丁寧に除去ってペースを戻す。
後続もペンドクルスや疲労破壊で対処し、最後は相手の魔具を逆手にとって、ウシワカの疲労から最後のライフを削って勝利。
何とか面目を保つ。


とはいえ、目論んでいた動きが全くできなかった今回のデッキ…。
このままで良いのか悪いのか…。
スポンサーサイト
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ビートのこだわり

紫をこよなく愛する自分ではあるが、紫の勝ち筋の一つである速攻や、不死をからめたループはどうも好きになれない。


速攻は、3コスト帯の豊富なドロースピリットでハンドアドを得つつ、01スピリットたちを大量展開し怒濤のように攻めるというのが基本の型だろう。

一方、不死ループは、ジャイナガン→アグラヴェイン+サイゴードを魔具等での自壊を絡めながらループさせ、サイゴードの効果でデッキを削りきるというのが有名な型。

どちらも対策はあるものの、紫にとってはガチな勝ち型であることは言うまでもない。

だが、やっぱりバトル感が薄いんだよなぁ…。


ガチプレイヤーではない自分としては、やはりその属性らしい効果を持ったカードを使って、相手の練り込まれたデッキと正面からぶつかり合いたい!
Xレアや数々のカードを使いこなし、相手の手を読み合い、裏をかき、ロマンとも言えるコンボを決める。結果的にライフ1点の攻防を繰り広げ、戦いの女神に微笑まれた方が勝利する。そんなバトルをしたい。


相手に何もさせないというのは、ヒリヒリ感が足りないんだよなぁ…。

別に速攻やループを否定はしない。自分に技量がないとも言うが…。
スタイルの違いということ。
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

属性開眼!

最近、更新が週1だなぁ。パズドラやりすぎ。いかんいかん…。

属性開眼デッキが発売されたけど、紫にこだわることに矜持を持つ自分としては、アメジスト以外興味ナシ!
紫にこだわり続けて早3年…、そろそろ本当に開眼したい今日この頃。


新カードの雑感でも少し。

アメジスバット
低コストの破壊時疲労破壊。総じて疲労破壊が満載なアメジストの中では、対象が3コスト以下なので限定的すぎる。デッキの潤滑油としてなら従来通りピジョン優先。

ボーン・キャット
おもしろい効果だけど、刺さる相手とそうでない相手で二分される。序盤で消費してしまいそう。

ボーン・バイソン
ドロー枠の3コスト帯においては、ドロー条件が連鎖なのでひと手間かかる印象。破壊時に疲労スピリット破壊なので、ボーンキャットと並べると、召喚時破壊もアタック(バトル)破壊も全て牽制できてよい。

ゾンビ・ホーク
序盤から使っていきたい召喚時ドローを持ちながら、連鎖効果が中盤以降で活きる相手スピのLvダウンと、若干使いたいタイミングが噛み合っていない。だったらシンプルに、ダーク・ソードールやメイデンでよい気が。

骸龍伯ドクー・ロン
召喚時1ドローからの連鎖疲労、アタック時疲労破壊と1体で効果が流れるように完結する優秀なスピリット!ビーム・ビートル合体で、更に自己完結させるのは贅沢というよりロマンか!?

死獣公デスリオン
最初はナメてたけど強いと思う。
連鎖でクー・シー効果を発生させるため、とてもブロックしにくく、Lv1相手なら中々バトル負けはしない。
シユウと合体させれば連鎖が自己完結するうえにアンブロッカブルの範囲も広がる。
摩天楼があるとコアシュート、ドクー・ロン同様ビーム・ビートルで自己完結等、サポートやシナジーも多い。

シャドウ・メイデン
召喚時1ドローはブロンズメイデン同様。ブレイヴなので獣の氷窟の網を抜けることができる。合体対象が無魔と範囲は広いうえに、合体アタック時に疲労破壊と使い易い良カード。

ソウルリープ
連鎖つきブラッディコフィン。連鎖効果によりスピリットの色を変えて装甲を抜けることができるテクニカルなカード。使えるかどうかは状況次第だけど、今後3色以上の連鎖デッキ環境になってきた時に真価を発揮するかも。

邪龍王カースドラゴン
状況によっては、フィールドと手札のアドバンテージを一気に稼げる強力なカードではあるが、ついつい出し惜しみしてしまいそう。
他色の強力カードが、場にいることで強力な効果を発揮し続けるものが多い中、評価の大半が召喚時効果なのは安定感に欠ける。水道橋やバーストで不利になる可能性も否めない。
個人的には優先度低い。


次弾の紫も無魔押しは確定なので、今のうちに使いこなしておこう。
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

独り言のような試行錯誤

ボルドー中心の無魔デッキを使って、他色のデッキと戦ってみているのだが、どうにも勝率が悪い。

勝ちパターンとしては、ヴェリアム+デスヘイズによる大量ドローから、ヴェリアムの疲労破壊やボルドーの無制限破壊でコントロールしつつ無魔たちを押し込む流れ。
だが、どうにもスピードがないうえに、ボルドーにしても単騎でバトル全体の流れを作れるほどの強さはない。

他色でいえば、赤ならヤマトやセイヴァー、スタブレだって侮れない制圧力。緑ならば、マンティス+カゲロウや蜂。白ならレオ。青は各種鬼畜デッキ破壊スピリット。

紫にこうした流れを一変できる役割を求めたとき、ボルドーよりもやはりバァラルが鉄板なんだろうな。

無魔デッキを解体して新弾カードに目を配らせながら再構築してみたものの、結局ペンドクルスくらいしか採用圏内にならない…。
意地でボルドーを突っ込んだら、手札に戻らない不死たちではボルドーの実弾にならない始末…。

次弾も無魔軸みたいだから、それを見越して今のうちから新弾の無魔たちを使いたいんだけどなぁ…。

属性開眼デッキと合わせて自己相談だ。
バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |

バルト・アンデルス

アニメで早くも登場した次弾の紫Xレア・バルト・アンデルス!キメラっぽくてカッコいい~っ!
こういう獣っぽいフォルムって紫Xには今までなかったデザインだから新鮮さが漂う。

効果の方は、アタック時にコスト7以下限定の疲労破壊。範囲に指定があるのが気になるものの、連鎖の擬似激突と合わせてコントロール力は高い。何より連鎖の対象が赤ということで、次弾は総じてデッキの攻撃力を上げられそう。

そしてLv2からの破壊耐性&ハンデス効果は、相手にとってはとてもうざそうでグッジョブ。
イビルグライダーからも発動できるし、連続で決められれば効果は絶大。
スピリットを落とせずに破壊されたとしても、回収しやすい無魔なので安心。


一方、咎人の骨剣エグゼキューショナーズは、不死:無魔搭載のセルフデッバラブレイヴ。
高BPもうれしいところではあるが、若干効果と噛み合わないので、効果の発動タイミングは慎重を期したいところ。
まぁ、不死持ちだし、バルト・アンデルスやセイメイ等に合体していれば、むしろ突然BPが減少して破壊されることも手だと思うので、使い方しだい。


こう見ると、次弾も引き続き無魔押しか。

こないだ無魔デッキ解体してバァラルデッキに戻しちゃったんだよなぁ・・・。




バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。