FC2ブログ

コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

紫デッキ 現行モデル

前に記事にしたように、仲間内の対抗戦も終了し、個人的にはひとまず灼熱の太陽環境での1期が終了し感がある。

対抗戦では先鋒を務め、2連勝で勝ち星をとったことで、手元のデッキもひとまずは形に成ったと言えるだろう。
いろいろと改築もしていきたい頃合いなので、一旦デッキを晒してみることに。

内容は続きから。



対ブレイヴ紫

ピジョンヘディレス 3
ボーンドッグ 3
シャ・ズー 2
魔界七将ベルドゴール 3
ブロンズメイデン 3
魔法剣士ドラゴナーガ 3
北斗七星龍ジークアポロ紫 2
滅神星龍ダークヴルム・ノヴァ 3

骸戦車ゲパルバート 3
騎士王蛇ペンドラゴン 3
鎧殻竜グラウン・ギラス 1

闇の聖剣 3

デッドリィバランス 3
トーテンタンツ 2
トライアングルトラップ 3

計40枚


タイプとしては速攻気味の紫にダノヴァを突っ込んだもの。

基本的な動き方としては、ドロースピリットを中心に横の展開を広げていき、スキあらば一気に襲い掛かる感じ。
相手の邪魔なスピリットはマジックやペンドラゴンで除去。
うっかりゲパルバートも相手によってはいい牽制になることもしばしば。

闇の聖剣で相手の合体を妨害し、無理に合体しようものならゲパルバートで仕留めるといった動き方も可能。
せっかくの闇の聖剣なので、不死も使いたいという感情からベルドゴールを採用。少数ながら機能したときは守りの要になる。

それでも出てきた合体スピリットに対しては、切札のダノヴァで迎え撃つ。

装甲が鬼門なのは相変わらずなものの、ダノヴァが突っ立ってるだけで壁にはなるし、一応、聖域対策としてグラウン・ギラスを採用。フェニキャノだと船尾に引っかかるし、セントロだとブレイヴ先が限られるので、ネクサス対策に特化したグラギラに。
そもそも、装甲で固められて削られる前に勝負は決めたいところ。

何となく自分の中では完成している感があるだけに、ここからの改築は方向性に悩む・・・。

休み明けに友人に手合わせ願おう。



スポンサーサイト



バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旧カードの可能性 | ホーム | 頑張る>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |