FC2ブログ

コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

没デッキ その2

2つ目のボツデッキ。

先に晒した紫黄ビートとほぼ同時進行で作っていたため、一部のカードは棲み分けてます。

続きからどうぞ。



紫白コアコン

ソードール 3
ブロンズメイデン 3
魔法剣士ドラゴナーガ 3
北斗七星龍ジークアポロ 2
シュタイン・ボルグ 3
一角魚モノケロック 3
天王星獣スレイ・ウラノス 2

騎士王蛇ペンドラゴン 3
魔銃ヴェスパー 3
鳳凰竜フェニックキャノン 3

魔星輝く古戦場 3

デッドリィバランス 3
トーテンタンツ 2
ドリームリボン 2
サイレントウォール 2

計40枚


以前に記事で書いた方向性の1つ。

シュタイン・ボルグのコアコン能力を活かすためヴェスパーを採用し、軽減確保のために白との混色にした形。

狙い通り、山羊にヴェスパーを合体させたり、山羊が2体以上並んだときのコアコン力はスゴい。
1アタックでコア3個ほどをトラッシュ送りにできる。

しかしながら、やはり鬼門は装甲…。

その打開策としての機能を白が果たすはずだった。

装甲:紫で固めた相手を排除するのが白の役目。
リボンは元より、ウラノスもバウンス&回復により、複数体の排除が可能。時には、山羊を回復させてさらなるコア除去を狙うことも。装甲:黄によるウィッグ対策にもなる。

とまぁ、割と理想的に構築したものの、回してみると肝心な時にウラノスがいない…。
どうしても展開が紫か白に偏ってしまい、両輪で機能することが稀になってしまった。

後手に回ると、回収や展開のしやすい紫に寄っていってしまい、あんなに賛美の声で迎え入れたはずの白が邪魔に思えてしまう始末…。

あぁ…、これも違うな…。

混色めいた構築にした時点で、紫の矜持を忘れてしまったとでも言うのか。

もっと紫に寄せて、対策カードをタッチするくらいでないと紫の良さがでないな。
無魔あたりでいってみようかな…。


スポンサーサイト



バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大会始動(仲間内) | ホーム | 没デッキ その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |