FC2ブログ

コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

サイバーワン

最近バトスピ以外でハマっているカード、サイバーワン。
バンダイから先月発売されたネットカードダスだ。

内容と雑感は続きから。
電脳ファンタジー的な世界観で、プレイヤーは4つの陣営のいずれかに所属し、クリーチャーとマジックカードで10枚構成のデッキを組んで戦う。相手プレイヤーのライフであるPPを0にするか、カードを全滅させれば勝利。
2週間単位で行われている公式リーグに参加し、自分のクラスを上げながらトップを目指すゲームだ。
バトルを行うクリーチャーは、攻撃力ATK、防御力DEF、クリーチャースキルという特殊能力の有無、そしてコスト的なローディングタイムLTのバランスで強さが決められている。

まぁ、これ以上の説明は公式で。

プレイヤーの作業は、カードを登録してデッキを組むことだけ。レンタルカードもあるので金がない人でも参戦は可。
バトルは全てオートなので、放っておいても結果は出る。
時間のないサラリーマンに優しいゲームだ。

当然、レンタルカードだけでは思ったようなデッキは組めないし、一定期間で消えてしまうので、安定したデッキにならない。
やっぱりリアルカードの購入が必須なのだが、バトスピに比べると1枚単価が高い!
1枚あたり100円換算なのだが、サイトやシステムの運営を考えると当然の値段か…。
高い分、ザコカードを引いたときの残念感といったら…。

勝負の分かれ目となる4つの陣営の特徴と個人的な雑感は以下の通り。
かなりバイアスかかってます。

■アマツ
攻撃型。
ATKを上昇させるスキルが多く、ドラゴン系が持つドラゴンブレスによる火傷の追加効果でジワリとダメージを与え続けられると厄介。
効果が重なったときの爆発力はものすごいものの、DEFが低いので場に留まりにくいことから安定感に欠けるのが欠点かな。

■ヴォイド
DEFが高い防御型。
相手からのダメージを減らしたり、DEF強化や回復で高い防御力を誇る。
クリティカルのスキルで、仕止めきれなかった相手クリーチャーにトドメをさせるのは効果的。
場を固めだすと相当厄介なヴォイドだけど、時間が長引きがちなので、大型クリーチャーでこじあけることも可能。
全体的に地味。

■コスモス
加速型。
ネクロマスターに代表されるクイックというスキルでLTを短縮させ強力なクリーチャーを前倒しで召喚させていく戦法が凶悪。ネクロマスターが2体とか並んでしまうとポンポンとクリーチャーが出てきて歯止めがきかない。
全体的にATKが低めだが、ファイア等のスキルで1~2の追加ダメージを与えたり、ミノタウロスのクラッシュや、スレイプニールのトライデント等、複数のクリーチャーにダメージを与えるスキルが強力なためATKの低さを補って余りある感じ。
相手のDEFを吸いとるドレインや、ダメージを半減するフライング等により数値以上にクリーチャーの場持ちがよく、クイックによる早出しと豊富な攻撃スキルと相まって、物量で圧倒することが常套的なスタイルとなっている。
総じてクリーチャーキルタイプのデッキ向き。
自分の周囲では最強の呼び声の高い陣営。

■DC
相手の妨害や弱体化が得意な陣営。
プレッシャーのスキルによって相手のLTを加算させることで召喚そのものを妨害したり、ワーニングやロックによる拘束、インフェクトによる弱体化等、妨害手段は多彩。
またリヴァイブにより一定確率でクリーチャーが蘇生ことも。
勝つにしろ負けるにしろ長期バトルになることがしばしば。
各妨害スキルは勝利に直結するようなスキルではないので、枠の少ない1デッキ戦よりも、20枚でバトルする2デッキ戦以上の方が活かし甲斐があるかも。
速攻型にするならブーストによるATKアップも有用。
巷では、ブーストとリヴァイブを持つ秩序の死神と、プレッシャーとインフェクトを持つシザーメフィストを積みまくったデッキが猛威を振るっているとか。

DC所属の自分としては、死神デッキが夢ではあるが、積み込むためのカードプールは一切ナシ。別陣営のカードの方が多いという有り様だ。

身内リーグも6人中4位と下位グループに終わり、全くいいとこナシ。

バトスピ同様、相変わらずカード運ないなぁ…。
スポンサーサイト



その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<コアスティール | ホーム | 11/14アニメ感想>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |