FC2ブログ

コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

妖怪ウォッチ とりつきカードバトル

今日はイベントで、妖怪ウォッチのTCGである「とりつきカードバトル」なるものをやってみた。

率直な感想としては、簡易版バトスピといったところ。

コアの動きをカードを使ってやる感じ。

かつ、バトル時の介入は「とりつき」という効果で双方1回のみなので、バトルの解決が複雑にはならない。
カードゲーム初心者にはうってつけのものだし、ここからバトスピにつながってもいいんじゃないかとさえ思う。

今日やってみて特に活躍したカードをバトスピ目線で紹介。


龍神
コスト6と重めながら、アタック時に相手の守備妖怪を1体疲労させる効果が強力!
バトスピと違って、バトルをする妖怪は配置位置によって攻撃役と守備役に分かれ、それぞれ最大3体しか並べられない。
自分の攻撃役と相手の守備役に数の差が生まれにくいため、一時的にでもその数を狂わすことは非常に強力!

キュウビ
攻撃を終えた相手の攻撃役妖怪に指定アタックができる。
上記の龍神のような放っておくと敗北に直結しかねないキー妖怪を狙って排除できる。実際それで助かった。

いったんごめん
バトルしている相手妖怪にとりつくことで相手の攻撃ターンを強制終了させる。いわゆるサイレントウォール。
こいつで返しのターンに逆転を狙える。
ブリー隊長も同様の効果を持つ。

ロボニャン
相手へのダメージを+1する。いわゆるダブルシンボル持ち。
相手ターンへの介入方法が少ないので、うまく守備をさばけば一気に押しきれる。

ポン、あ、ポン、ポポポーン
マジックのように使われるイベントカードの1枚で、相手の守備役を1体疲労させる。
龍神同様、数を狂わすのに効果的なうえ、バトルが成立しなければ守備側は介入方法すらなくなるため、決めの場面でとても有効なカード。


とりあえず、そんなとこ。

もうすぐブースターパックも発売されるので、より一層深みが増すだろう。



スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<研鑽の日々 | ホーム | 邪法師と狐>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |