コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久々バトスピ仲間内CS ムドウ杯②

①の掲載からだいぶ時間経ってしまった。
楽しみにしていた身内の皆さん、スミマセンでした・・・。



さてさて、予選リーグを突破した6名による決勝トーナメントが幕を開ける!

伝説の六武将の一角、前回優勝者のTゆ木。
同じく伝説の六武将の一人、ON里。
生粋のカードマニア・Y木。
巨漢バトラー・N井。
うっかり決勝トーナメント進出・IG嵐。
そして私・コバーバルも伝説の六武将と謳われる一人。


予選リーグ1位通過だった自分とN井はシード枠。


決勝トーナメント1回戦 1試合目
Tゆ木(センジュヒドラデッキ) vs. IG嵐(赤緑起導デッキ)

各種ネクサスを早めに貼るTゆ木に妨害され、展開が広がらないIG嵐。
最後はヒドラにマジックを封じられ、サンドバックと化す。
Tゆ木、貫録の1回戦突破。


決勝トーナメント1回戦 2試合目
ON里(機巧Uウォーデンデッキ) vs. Y木(白青速攻)

ゲーム開始早々、恐ろしいスピードで横に広げるY木に対し、手札が追い付かないON里。
Uグランウォーデンも孤軍奮闘状態で守りきれず敗北・・・。
Y木の無邪気さが敗者の心をエグる・・・。


決勝トーナメント準決勝 1試合目
Tゆ木(赤黄ゴッドゼクス) vs. N井(忍風デッキ)

身内大会とはいえ、準決勝という重要な場面で、まさかのゴッドゼクスデッキをチョイスしてきたTゆ木。
しかもそれが割と回ってるところに地力を感じる。
イマジナリーゲートで早めに出てきたゴッドザクスを前に、N井の忍風デッキも後手に回らざるを得ない。
Tゆ木の勝ち。


決勝トーナメント準決勝 2試合目
コバーバル(霊獣速攻) vs. Y木(白青速攻)

1回戦シードだったため、決勝トーナメントの初戦となる大事なバトル。
Y木の白青速攻の早さと展開力は1回戦で見ていたため、それに引けをとらない(はずの)霊獣速攻で迎え撃つ。
メノウドラゴン等、やっかいな壁がそびえ立つが、マゾロやムラサメ等で丁寧に除去しつつ、こちらはネクロブライトや式鬼神OTD等で展開を途絶えさせないプレイングで緊張感のあるバトルを制する。
ON里のカタキはとったよ~。


決勝トーナメント決勝戦
Tゆ木(センジュヒドラデッキ) vs. コバーバル(紫青ネクサスデッキ)

久々の決勝という大舞台。
最も想いを込めた紫青ネクサスデッキで前回優勝者Tゆ木に挑む!
先行1ターン目でストロングドローを使用したTゆ木を見て、思うような手札でなくドローを加速させると察しグリードサンダーを伏せたところ、ズバリ的中!先行2ターン目でもマントラドローを使用したところを全破棄させることに成功!
この序盤で手にした手札アドを有効に利用すべく、シガン、アトライアハイドラと展開を広げていく。
ウィステリアをフォビドゥン召喚し、ゾディ剣を合体させたところで、Tゆ木がサレンダーし勝利!


念願の優勝を勝ち取った!
以前に優勝してから2年くらい経つかなぁ??
仲間内の大会とはいえ、ずっと紫を使い続けてきた自分にとって、ムドウ杯の名前を冠する大会で優勝できたことに万感の想い!


小さいコミュニティだけど、様々なデッキタイプが存在するバトスピって、何が飛び出してくるかわからないのが面白い。

けど、Tゆ木はよくゴッドゼクス使ったなぁ・・・。


皆さん、おつかれさまでした。
スポンサーサイト

バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<超絶っ久々更新んん!!!! | ホーム | 久々バトスピ仲間内CS ムドウ杯①>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。