FC2ブログ

コバーバルの独りよがり

ブログ初心者コバーバルが自力で何とか書いてます。バトルスピリッツやTVゲームの話題が多いかも。

今更だけど 呪撃アスモ

天醒の頃に作ったサキュバスデッキを気に入って、紫デッキはそれをベースに試行錯誤を繰り返していたが、ここへ来てカードパーツが揃ってきたので、待望(?)のアスモディオスデッキを作ってみた。
紫使いとしては最強の魔界七将を使わない手はない。

続きからどうぞ。



冥狼士アーモン 3
ブロンズメイデン 3
シャズー 3
冥闘士バラム 3
シャドウジャグラー 3
冥蛇士ボティス 3
蝕星龍ジークヴルム・ヴェガ 3
極帝龍騎ジーククリムゾン紫 2
魔界七将ベルゼビート 3
魔界七将アスモディオス 2

冥府の深淵 3
魔影街 2

デッドリィバランス 2
カウンターカース 1

サイレントウォール 3

計40枚

基本的にはアスモディオスをフィニッシャーにしたデッキ。
ベルゼビートによるリアニメイト効果頼みで、呪撃スピリットをガンガンアタックさせ遅れをとらないことも基本スタイルの1つ。
序盤に魔影街を配置しておけると破壊したスピリット上のコアをボイド送りにできるので、テンポを崩すのに大きな効果を得られる。

冥府の効果を最大限発揮させるため、無魔、冥主で大半を構成しているが、冥主はボティスの転召元としても有用。ボティス自身も冥主だし。

ヴェガは、両ネクサスの効果が発動している状況であれば、疲労スピリットに対するスナイパーとして寄与する(しかもコアデス)。
相手の大型スピを討ち取るのに寄与しそう。
カウンターカースも同様に、チャンプブロックからの破壊を狙うビックリドッキリメカとして一発に期待。
うまく決まると気持ちいいけどなぁ・・・。

最終的にベルゼビートからアスモディオスに繋げられれば、蹂躙できるハズ!

BP6000維持やスピード感で、どうしても現環境の課題を越えられない根本的な紫の弱さはあるものの、どうしても一矢報いたい紫使いとしての矜持があります。

スポンサーサイト



バトスピ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<友人とバトル やっぱ青強っ! | ホーム | 余ったカード>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |